デザイン住宅の設計とは?仕事内容をご紹介します!

デザイン住宅の設計とは?仕事内容をご紹介します!

デザイン住宅を設計するとき、どのように仕事が進められているかご存知でしょうか。実際は複数の人たちが設計に関係しており、お互いに協力して仕事を完成させています。今回はデザイン住宅の設計に関係する仕事内容を、詳しくご紹介していきましょう。

デザイン住宅とは

まずデザイン住宅とはどのようなものかを、簡単にご説明します。デザイン住宅とは、居住空間の全体をひとつのコンセプトのもとでデザインし、設計する住宅のことです。

つまり家のなかだけでなく、外からみえる外観・アプローチなどの外構、室内のインテリアや空間構成まですべてを、ひとつのコンセプトで描くものになります。住む人のオリジナリティーを活かせるだけでなく、そのすべてをひとつのコンセプトで演出するため、しっかりと軸がとおった家づくりができることが大きな特徴です。その思いを形にするため、設計に関わる人たちが仕事をしています。

デザイン住宅の設計に関わる人たちと仕事内容

それでは次にデザイン住宅の設計にどのような職種の人が関わっているのか、そしてそれぞれの職種の仕事内容をご紹介していきましょう。

建築士

すべての建造物の設計に、建築士の存在は欠かせません。建築士は国土交通省が主管する国家資格ですが、一級と二級の階級にわけられています。また「木造建築士」という資格も、国家資格として存在します。

一級建築士には、設計や工事管理できる建築物に制限はありません。しかし二級建築士は建物の構造、高さ・延べ面積など、対応できる仕事の範囲が定められています。ただなににしても、建築物の設計や工事管理を主な仕事にしていることに、変わりはありません。

また日本建築士会連合会が定める、専攻建築士制度があります。建物の耐震診断などに詳しい構造設計専攻建築士や空調や排水設備、建物の設備に詳しい設備設計専攻建築士など、特定の専門分野をもつ建築士もいるのです。

建築士の仕事は、主に設計と工事管理です。設計においては、まず依頼主から希望する建物のデザイン・構造・予算などをじっくりと聞き、お互いにアイデアを出しながら希望やこだわりを図面に落とし込んでいきます。図面にする作業は設計ソフトを使うこともあり、手作業で描くこともあります。ときには模型を作ることもあるのです。建物は実際にできてみないと、本当にイメージどおりになっているのかわからないものです。できる限り依頼主の要望をしっかりと聞き取り、対話を重ねていくことが大切となります。

設計図や予算の見積もりが合意に達したら、実際の施工に入ります。施工は職人の仕事ですが、建築士は現場の監督たちと打ちあわせを重ね、設計図通りに建築が進んでいることを確認しているのです。ときには現場の様子をみて、設計を修正することもあります。

住宅・インテリアデザイナー

住宅・インテリアデザイナーの仕事は、建物の空間全体を依頼主のコンセプトにもとづいてデザインすることです。その仕事は大きくふたつにわけられます。ひとつは室内や外構も含めた、家全体の空間のデザインを行う仕事です。もうひとつは家具や照明器具、カーテンなどのいわゆる「インテリア」をデザインする仕事です。

いずれも建築士や依頼主と打ちあわせを重ねながらデザインを考え、仕事進めていきます。住む人が理想としている空間で、快適に過ごせる家をデザインするのが住宅デザイナーの役割です。そのため住宅デザイナーは、次のような仕事を行います。

  • 依頼主からの聞き取り:依頼主の頭のなかにあるイメージを共有し、また予算を確認する
  • デザイン作成:聞き取ったものを絵にしていく
  • 依頼主への提案:形にしたデザインだけでなく、使用する素材の提案なども行う
  • 建築士や施工技術者との打ちあわせ:デザインを形にするための打ちあわせ
  • 現場訪問:施工中は現場を訪問し、デザインどおりに施工が進んでいるかを確認します。
    適宜修正をすることもある

住宅・インテリアデザイナーには国家資格はありませんが、日本デザインプランナー協会が主催する資格があります。このような資格を得て、依頼主から頼られる住宅・インテリアデザイナーになるためには、建築の基礎・インテリアデザイン・エクステリアデザインなど、幅広い知識と経験が求められるのです。

しっかりした知識と経験があって、はじめて依頼主の要望をできる限り正確に反映させるアイデアが湧きます。そしてインスピレーションを働かせて、感性豊かなデザインを提案できるようになります。

サカイデザインネットワークにご相談ください!

デザイン住宅の設計にどのような人たちが関わっているのか、そしてその人たちの仕事の内容がご理解いただけたのではないでしょうか。

「サカイデザインネットワーク」では、家を建てたい方達の思いを現実にするため一級建築士・二級建築士、専攻建築士・インテリアデザイナーたちが協力し、知恵を出しあってさまざまな空間をデザインしています。

弊社のスタッフたちと、住む人たちの理想を形にできれば幸いに存じます。デザイン住宅にご興味をおもちであれば、ぜひ一度お気軽にご相談ください。