デザイン住宅の設計とは?仕事内容をご紹介します!

デザイン住宅の設計とは?仕事内容をご紹介します!

デザイン住宅を設計するとき、どのように仕事が進められているかご存知でしょうか。 実際は様々な専門家が設計に関係しており、お互いに協力して仕事を完成させています。 今回はデザイン住宅の設計に関係する仕事内容を、詳しくご紹介していきましょう。

デザイン住宅とは

まずデザイン住宅とはどのようなものかを、簡単にご説明します。「デザイン住宅」は、居住空間の全体をひとつのコンセプトのもとでデザインを考え、住まう人のご要望に特化して、外観のみならずインテリアの細部までをデザインし、設計する住宅のことです。

つまり外観デザインだけではなく、建物の外観・アプローチ計画から、室内の空間構成やインテリア素材の細部まで全てを、トータルにデザインし設計する住宅になります。 住まう人のオリジナリティーを活かせるだけでなく、そのすべてをひとつのコンセプトでデザインを考え設計するため、しっかりと軸がとおった家づくりができることが大きな特徴です。その思いを形にするため、専門性のある設計に関わる人たちが協働し仕事をしています。

デザイン住宅の設計に関わる人たちと仕事内容いる

それでは次にデザイン住宅の設計にどのような職種の人が関わってるのか、そしてそれぞれの職種の仕事内容をご紹介していきましょう。

建築士

すべての建造物の設計には、建築士の存在は欠かせません。 建築士は国土交通省が主管する国家資格ですが、一級と二級、木造の種類にわけられています。 一級建築士は、設計や工事監理できる建築物に制限はありません。 二級建築士は建物の構造、高さ・延べ面積に対応できる業務の範囲が定められています。 木造建築士は木造住宅の設計に特化した資格になります。 建築士は、建築物の設計と確認申請業務、そして、工事監理を主な業務の役割としています。

また日本建築士会連合会が定める、専攻建築士制度もあります。(建築士の専門性を明確にしている) さらに一定規模の建築物の設計では、建築構造を専門的に設計する構造設計建築士や、空調や電気、給排水設備など建物設備を専門的に設計する設備設計建築士などが専門業務を担う事が法律で定められており、特定の専門分野をもつ建築士制度もあります。

建築士の仕事は、主に設計と各申請業務や工事監理ですが、設計を進めるためには、まず依頼主から希望する建物のデザイン・構造・予算など含むご要望を詳細にお伺いし、そのヒアリング内容をもとに施主の希望やこだわりを設計の内容に落とし込んでいく作業になります。 建築士が作成する図面は現在では基本的に設計CADソフトを使い図面作成しますが、手作業で描くこともあります。 また、3Dパースや模型を作り、様々な角度からデザインの確認を行います。 実際の空間は建物が完成しないと確認できないものですが、完成する前に様々な図面やデザインツールを使い建物のイメージやデザインを施主に説明していきます。

設計図や工事見積りが合意に達したら、工事契約を経て実際の施工に入ります。 施工は現場職人の仕事ですが、建築士は現場をまとめる工事監督や実際の施工担当者と、現場にて打ちあわせを重ね、設計図通りに建築が進んでいることを確認していきます。この役割を設計監理業務といいます。

 

インテリアデザイナー・インテリアコーディネーター

インテリアデザイナーの仕事は、建築設計のなかでも、特に内部空間のデザインについて追及し、専門的な立場から依頼主のコンセプトにもとづいて空間構成や照明、家具、素材の細部までをデザインする役割になります。 住宅の仕事の場合は、例えば既存建物(戸建て・マンション等)の内部をリノベーションする場合など、インテリアデザイナーが空間設計から照明計画、インテリア素材の選定などトータルに設計する場合があります。 インテリアデザイナーには資格制度はありませんが、職能団体である「公益社団法人日本インテリアデザイナー協会」があり、専門家としての会員制度や業務報酬基準等が定めらています。

インテリアコーディネーターの主な仕事は、内部空間における内装材の選定や照明器具や窓廻りのデザイン(カーテンやブラインド等)選定、家具のセレクト等、その専門性から豊富な商品知識とコーディネート能力により、空間のインテリアを仕上げる役割になります。 インテリアコーディネーターは公益社団法人インテリア産業協会による資格制度があります。

サカイデザインネットワークは以上でご説明した各専門家が所属し設計業務をおこなっています。

デザイン住宅の設計にどのような人たちが関わっているのか、そしてその人たちの仕事の内容がご理解いただけたのではないでしょうか。

「サカイデザインネットワーク」では、自分らしくこだわりのある家を建てたい方の思いを実現にするため、一級建築士・二級建築士、専攻建築士・インテリアデザイナー・インテリアコーディネーターが所属し、施主志向のこだわりの住まい、住空間を設計・デザインしています。

弊社のスタッフと、住まう人の理想を形にできれば幸いに存じます。デザイン住宅にご興味をおもちであれば、ぜひ一度お気軽にご相談ください。